MIKASA PROJECT

北海道インプログレスの拠点づくりを目的に、北海道三笠市で取り組むアートプロジェクト。2011年からプランニングを行い、3年間かけて市内の廃校に「かつての炭鉱町の風景」をモチーフとした大型インスタレーション(縦30m×横18m×高さ6m)を制作。三笠は官営幌内炭鉱の開鉱以来、炭鉱の町として発展した歴史があり、現在は失われたまちの風景を美術作品として表現。


川俣正による「昼の風景」と、コールマイン研究室(菊地拓児+林哲)による「夜の風景」が積層する、ダブルイメージのインスタレーション。サポーター組織『三笠ふれんず』の支援の下、北海道教育大学と室蘭工業大学の学生らが中心的に参加した。

 

事前申し込み制にて見学を受けつけています。このページの最下段のフォームからお申し込み下さい。

 

撮影:露口啓二

 

見学申し込みフォーム

三笠プロジェクトの作品・展示をご覧になりたい方は、以下よりお申し込みください。

基本的に、冬期を除く毎月最終土曜日を公開日に設定しています。(普段は施錠しています)

 

場所:

  旧美園小学校体育館

(北海道三笠市美園町62-1)

 

公共交通機関でのアクセス:

JR岩見沢駅に隣接した岩見沢バスターミナルより、中央バス三笠線にて「美園市民センター」下車。所要約35分。バス停より徒歩約3分。(土日祝は40分間隔で運行)

メモ: * は入力必須項目です